2022_レオロジー3回目_測定治具及び温度制御システムの選択について

Descripción:

2021年、全21回開催し大変ご好評をいただいたレオロジーWebinar2022年も開催いたします!

 

基礎編3回(222日、38日、322日)

また、4月以降は各アプリケーション別のWebinarや新製品のご紹介など、各種レオロジーWebinarを開催予定です。

皆さまのご参加をお待ちしております。

 

※本ページは、322日 第3回 測定治具及び温度制御システムの選択について の申し込みページです。

 

塗料、化粧品、電子材料、ポリマー材料、食品など身の回りにある物質のほとんどは、
液体と固体に分類することができず、粘性だけでなく、弾性の性質を持っていることが知られています。

この物質が変形する、流れるといった物理的性質に関する学問をレオロジーと呼び、その評価手法をレオロジー測定(粘弾性測定)と呼びます。

アントンパールのレオロジーWebinerでは、粘弾性測定の基礎を徹底的に解説し、回転測定と振動測定の測定事例と応用例を紹介します。
また、各アプリケーションに沿った評価事例と最新の測定オプションに関して解説します。

 第3回は、 測定治具及び温度制御システムの選択について です。

※基礎編の第13回は、2020/2021年に開催したWebinarと重複する内容が多く含まれます

 


Idioma: 日本語
Instructor: 宮本 圭介
retroceder