粘度 | 衛生陶器の成形は問題なくできていますか?

柔らかい粘土のかたまりを花瓶やマグカップにするには、創造力だけでなく、最適な粘度を定めることが必要です。 衛生陶器の加工となるとより工業的になりますが、新しい製品やデザインの開発ではやはり創造力が求められます。適切に成形し、不合格品や処分品を出さずに円滑に生産を行うには、適切な粘度が重要です。

プロセス

磁器を作るには、水、カオリン鉱物、長石、石英、その他の添加物を組み合わせてスラリーを作ります。品質管理の要素として主に動粘度を使用し、水が最小限のスラリーにします。図1は一般的なスラリー準備の流れです。まず、容器B01で原材料を混ぜ、容器B02に移すまで熟成させます。B02では水や解膠剤を加えて動粘度の調整が行われます。熟成して安定すると次の容器B03に移され、最終的に最適な粘度になるよう、さらに粘度が調整されます。スラリーは最終的に型に流し込まれるか、プレスされます。

流し込みでは、空洞に厚さ約10 mmのセラミック層が残るよう、型を外す前に一定の放置時間が必要です。焼成前に、残ったスラリーを型から出して乾燥させ、手作業で加工や釉薬処理を行います。

加圧射出成形は、伝統的な流し込みに代わる方法で、放置時間を大幅に短縮できるため生産性が向上します。

ドキュメントを受け取る

このドキュメントを受け取るには、以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー