テキスタイル | ビスコース製造工場における

ビスコース繊維の紡糸工程前、及び紡糸工程中、粘度は非常に重要なパラメーターです。粘度が仕様外であると繊維の品質に直接影響するだけでなく、粘度が高すぎると必要なエネルギーが大きくなります。インライン粘度計L-Vis 510を使用して熟成工程における粘度の上昇を監視することにより、熟成工程の終了及び湿式紡糸の最適なタイミングを特定できます。一貫して質の高い製品と、最適なプロセス条件をお約束します。また、人手によるサンプリングやラボでの測定を削減できるメリットもあります。

はじめに

セルロースの溶解と紡糸の工程は20世紀初頭にすでに導入され、それまで長く知られていた天然繊維の綿に代わるようになりました。セルロースを継続的に発展させた原動力は、この繊維の品質向上とさらなる可能性でした。

ビスコース繊維は純セルロースで作られます。繊維を抽出するため、工程は管理された状態でセルロースを連続フィラメントの形にします。セルロースのメリットは、その特性が調整可能で、高い均質性を持つ天然繊維であることです。

ビスコース繊維の製造において粘度は重要な要素の1つであるため、紡糸工程の開始前にインライン粘度測定を行って粘度を監視します。この工程は、従来、生産ラインの横に設置された落球式粘度計で管理されていました。

アントンパール社のL-Vis 510を使用するソリューションは、確立された手動の落球式測定法と相関し、スムーズかつ安定した粘度測定を実現します。

ドキュメントを受け取る

このドキュメントを受け取るには、以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー