Multicube 48を使用した廃水の分解

Multicube 48は、廃液サンプルを開放容器で手軽に分解し、 その後の元素分析を高いスループットで行うことができます。 最高純度のポリプロピレン製使い捨てバイアルには、クラスAの目盛が付いており、 非常に低いブランクレベルと高い精度が得られます。

廃水は、鉱業、発電、石油精製、醸造、化学品製造、食品製造など、さまざまな産業プロセスで発生します。ほぼすべての産業において、廃水は河川や下水道に流す前に、現場で処理して、定められた排出基準を満たすことが義務付けられています。この処理は存在する汚染物質によって異なるため、廃水のルーチン分析は、環境化学の分野で最も使用されるアプリケーションのひとつです。

元素分析前の廃水サンプルの前処理にMulticube 48が適していることを示すために、ISO 15587-1:2002に基づいて認証標準物質の回収率を測定しました。

ドキュメントのご送付

ドキュメントを受信するには、
以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー