推奨される結果

化学 | 密度vs.導電率 - 電解質溶液における濃度測定

アントンパール社の密度センサと音速センサは、電解質溶液の濃度測定が必要とされるあらゆる状況に適しています。プラスチックコーティングを用いないセンサの材質により、急速な温度変化条件下でも迅速に反応し、非常に高精度な測定結果を約束します。それに対して、導電率測定には、測定結果に悪影響を与えるいくつかの欠点があります。

濃度測定の難問

プロセス内でのリアルタイムの濃度測定を最高の精度で確実に行うには、濃度が変化したときに最大の変化を示す物理特性を採用する必要があります。特定の濃度値と、対応する測定値との間に、有意な相関性が存在していなければなりません。特に、物理特性に対する温度の影響を考慮に入れる必要があります。

電解質溶液と測定範囲に応じて、異なる測定方法を使用することで、非常に高精度の測定結果を達成できます。

導電率

導電率(伝導率)とは、電気、熱、音を伝える物質の能力のことです。溶液の導電率測定は、電流を伝えるイオン(陰イオン及び陽イオン)の総濃度の測定を意味します。この測定では、溶液のイオン強度に関する情報は得られますが、イオンの性質に関する情報は得られません。

ドキュメントを受け取る

このドキュメントを受け取るには、以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー