ワイン中の溶存二酸化炭素/酸素を監視

ワイン中の溶存酸素(DO)は、その酸化特性によって有害であると考えられています。そのため、 高品質ワインの製造者は、酸素の含有量を最小限にすることを目指し、瓶詰めの前にワインを 脱気します。また、CO2 濃度は、コスト効率と安定した品質の実現、そしてスパークリングワ インの発泡のために調整されます。アントンパール社のCO2/DO 濃度監視用インラインセンサ は、製造ラインに直接、簡単に取り付けることができ、製品中のガス含有量が目標に適合して いることを確認できます。様々な濃度に対応する高精度で信頼性の高い監視が可能です。

ワイン製造

ワイン製造は、ブドウをワインに変える一連のプロセス です。酸素の溶解は、ブドウの破砕や圧搾時、及びブド ウ果汁を発酵タンクに注入する際に自然に発生します。酸素は、アルコール発酵の初期段階中に使い果たされま す。ワイン製造の終盤では、酸素は望ましくありません。酸化によって品質が低下して賞味期限も短くなり、香り にも悪影響があるからです。このため、ワインは多くの 場合、充填前に脱気されます。充填前に、発酵によって 生成したCO2 濃度(1~2 g/L)をターゲット値に調整しま す。ターゲット値(0.3~10 g/L)はワインの種類によって 異なります。

ドキュメントを受け取る

このドキュメントを受け取るには、以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー