糖液のICUMSA色価のモニタリング

標準的な糖液の前処理は、糖を水に溶かす、ろ過する、脱色するという3つの主要工程で構成されます。脱色の際には、ICUMSA色価を測定することで、プロセスを制御してオフフレーバーを防止します。 アントンパール社のソリューションは、インライン光度計L-Col 6100と屈折計L-Rix 5100を組み合わせて、ICUMSA色価をリアルタイムで監視します。信頼性の高いオールインワンのソリューションにより、製品の品質を最適化し、生産性を向上させることができます。

標準的な糖液の製造中、糖は通常、60~70°Brixの濃度で水に溶解されます。この溶液をろ過、脱色した後、清涼飲料水、レモネード、ジュースなどの製造に使用します。 ICUMSA色価は、糖溶液の純度を決定します。25 IU (ICUMSA単位)を超えると、最終製品にオフフレーバーが残留している可能性があります。脱色後は25 IU未満を維持する必要があります。

ドキュメントのご送付

ドキュメントを受信するには、
以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー