推奨される結果

Beverage | Soft Drinks | Cobrix 2600 for the Soft Drink Industry

炭酸清涼飲料(CSD)のボトリング会社は、一貫した飲料品質を確保するために、溶存CO2 と糖分(°Brix)を監視する必要があります。CSDの瓶詰めを低頻度で行う小規模なCSDボトリング会社にとって、Cobrix 2600は安価でコスト効果の高い選択肢になります。ノンアルコールソフトドリンクに含まれるCO2と糖分を、1つのセンサで同時に測定できます。光学インラインセンサによる選択的な測定とメンテナンスフリーのメリットをユーザーへ提供します。

炭酸清涼飲料の製造

糖及び香料を含むシロップを水と混合して一定の濃度にした後、目的の二酸化炭素(CO2)濃度になるまで炭酸ガスを加えます。製造されるソフトドリンクの味が一定になるようにするには、糖及びCO2の含有量を目標の濃度範囲内に維持することが重要です。

ドキュメントを受け取る

このドキュメントを受け取るには、以下にメールアドレスをご入力ください。

読み込み中...

エラー