paraffines, waxes

潤滑剤、ワックス

潤滑剤やワックスの完全な分析

オイル、グリース、乾燥潤滑剤は、機械システムの摩擦や磨耗を抑えるために使われています。パラフィンや石油ワックス、離型剤からろうそくまで、幅広い用途があります。潤滑剤やワックスの組成、特性、品質、加工性を分析、判定するため、アントンパール社は数多くの製品を販売しており、密度、粘度、屈折率、抗乳化度、剪断安定性など、様々な特性を分析できます。製品の品質向上に結び付けられる測定手法としてはほかに、発泡試験、摩擦及び磨耗試験(様々な環境条件下で実施)、浸透試験などがあります。 

Get in touch

Anton Paar 製品

選択項目: 全てのフィルターをリセットする X
操作のタイプ
対応する標準規格
製品グループ
デバイスタイプ
表示 /

結果が見つかりませんでした!

マルチウェーブ屈折計Abbemat WR/MW

Abbemat MW多波長屈折計

HTR: 高サンプルスループット及び複雑なサンプル処理を実現するレオメータ自動化

HTRコンパクト: 高サンプルスループットを実現するレオメータオートサンプラー

HTX: 液体の粘度、密度、濃度の測定、高度に自動化かつ拡張可能

L-Dens 3300密度センサ

L-Dens 7000密度センサシリーズ

MCRトライボメータ

Monowave 450: マイクロ波加熱抽出を自動化

Pico 3000/Pico 3000リモート制御ユニット

SAXS/WAXS/GISAXSラボ用ビームライン: SAXSpoint 2.0

インライン粘度計: L-Vis 510とL-Vis 520 Ex

ウルトラナノインデンテーションテスタ: UNHT³

高温チャンバHTK 1200Nは、1200 °Cまでの高温で、反射法と透過法を組み合わせたXRD測定に使用されます。

キャピラリーエクステンション:HTK 1200N

The automatic Cleveland open cup tester features a fire extinguishing device, automatic relighting and a skin removal device for bitumen.

クリーブランド引火点・発火点試験器:CLA 5

Two-place grease working machine with stroke counter.

グリースワーカーGWM 5

サンプルチェンジャ: Xsample 330

サンプルチェンジャ: Xsample 340

Perfect results with automatic cleaning and needle washing using up to three cleaning solvents.

サンプルチェンジャ: Xsample 530

ナノトライボメータ(NTR³)

DH 5 Herschel emulsifier with accessories for 8 test places

ハーシェル乳化機:DH 5

ピンオンディスクトライボメータ: TRB³

The automatic Pensky-Martens closed cup tester features a fire extinguishing device, a patented connection system, gas and electric ignition.

ペンスキー-マルテンス引火点試験器: PMA 5

ペンスキー-マルテンス引火点試験器: PMA 500

マイクロスクラッチテスタ(MST³)

レオメータ: MCR 102、MCR 302、MCR 502

加熱サンプルチェンジャー: Xsample 610

加熱サンプルチェンジャーXsample 630

動的粘弾性レオメータ測定ヘッド: DSR 502

動粘度計: SVM 2001

動粘度計: SVM 3001

動粘度計: SVM 4001

The RheolabQC is the quality control rheometer from Anton Paar. RheolabQC with temperature device C-PTD 180/AIR/QC and with Flexible Cup Holder.

回転式レオメータ:RheolabQC

回転式粘度計ViscoQC 100

回転式粘度計ViscoQC 300

外部測定セル: DMA HPM

密度・比重・濃度計: DMA 501

密度・比重・濃度計: DMA 4100 M

密度・比重・濃度計: DMA 4200 M

密度・比重・濃度計: DMA 4500 M

密度・比重・濃度計: DMA 5000 M

密度・音速計: DSA 5000 M

Abbematスタンダード

屈折計: Abbematシンプルライン及びスタンダードライン

Abbemat Heavy Duty

屈折計: Abbematプロフェッショナルライン

携帯型密度・比重・濃度計: DMA 35 Basic

携帯型密度・比重・濃度計: DMA 35

SAXspace装置

日常的なSAXS/WAXS/BIOSAXS分析: SAXSpace

High Temperature Vacuum Tribometer

真空トライボメータ(VTHT/VTRB)

Penetrometer PNR 12 with accessories for cone penetration and needle penetration.

針入度試験器:PNR 12

HPA-Sは、湿式化学におけるAAS、ICP、及びボルタンメトリ―の高圧サンプル前処理において究極の性能を発揮します。HPA-Sを用いた酸分解法は、標準手順として国際的にも高く評価されており、日常作業において高い性能を発揮する方法として数多くのラボで導入されています。

高圧分解:HPA-S高圧アッシャー

高精度温度計:MKT 50/MKT 10

表示 /

Anton Paar 用途

Tracking the Phase Transitions of Phase-changing Materials

Tracking the Phase Transitions of Phase-changing Materials

Small- and wide-angle X-ray scattering allows to track the phase transition of phase-change materials. This study reveals the melting/crystallization behavior of paraffin wax as characterized by combined SWAXS and DSC measurements.

SAXSpoint with MetalJet Source

SAXSpoint with MetalJet Source

SAXSpoint now integrates the high-brightness MetalJet X-ray source enabling ultra-fast SAXS measurements in the laboratory.

Correlating Viscosity and Particle Size Parameters determined by Small Angle X-Ray Scattering Studies of concentrated MAb Solutions

Correlating Viscosity and Particle Size Parameters determined by Small Angle X-Ray Scattering Studies of concentrated MAb Solutions

Monoclonal antibodies (MAb) solutions are a major class of biopharmaceuticals with various applications. However, challenges like a high viscosity at the required MAb concentrations need to be addressed at an early development stage.

Application RapidOxy: Production Control of Waxes and Paraffins

Application RapidOxy: Production Control of Waxes and Paraffins

Waxes and paraffins have a broad range of production applications for end products due to their versatile characteristics such as melting point, viscosity, hardness etc.

In-Situ observation of the scratch/indentation true contact area to provide analysis without being model-dependent

In-Situ observation of the scratch/indentation true contact area to provide analysis without being model-dependent

Nanotribological properties of Diamond like carbon thin flexible films on ACM rubber

Nanotribological properties of Diamond like carbon thin flexible films on ACM rubber

Application RapidOxy: Stability of Lubricating Greases

Application RapidOxy: Stability of Lubricating Greases

The stability of lubricating greases with different thickener types was tested at 160 °C in the RapidOxy and according to the ASTM D942.

Application DH 5: Water Separability acc. ASTM and ISO

Application DH 5: Water Separability acc. ASTM and ISO

This test method covers measurement of the ability of petroleum oils or synthetic fluids to separate from water. It is used for specification of new oils and monitoring of in-service oils.

Application RapidOxy: Stability of Neat Cutting Oils

Application RapidOxy: Stability of Neat Cutting Oils

Neat cutting oils are used in machining operations, e.g. grinding, turning, milling, broaching, drilling, tapping, gear cutting etc., to provide cooling and lubrication of the tools and a good surface finish of the components being machined.

Application_Flash_lubricants_and_oils.pdf

Application_Flash_lubricants_and_oils.pdf

Lubricants

Lubricants

Inline measurement of the viscosity of lubricants at a lubricant manufacturing plant L-Vis 510 will continuously be in place in your production line obtaining viscosity and temperature values

メリット

潤滑油と粘度

潤滑油の粘度は、重要な物理特性のひとつです。様々な添加剤を加えて、適切な粘度にすることができます。潤滑油は保護膜を形成しますが、ここでエネルギーを過剰に損失してはなりません。アントンパール社の粘度計を使えば、粘度指数(VI、Viscosity Index)、すなわち温度変化に応じて粘度が変化する度合いを求めることができます。添加剤を加える前の潤滑油を基油と言います。その品質もVIを基準として指定します。アントンパール社の粘度計は、1回の充填で動粘度と絶対粘度の両方を高い信頼性で測定し、ASTM、EN、ISOの規格に準拠したVIを計算できます。さらに、粘度プロセスセンサで継続的に管理することにより、製造工程での潤滑油の品質を保証します。

潤滑油の品質管理

潤滑油、切削油、グリースには、摩擦を小さくし、産業機械が稼働できない時間を短くする効果があります。屈折率を測定することにより、潤滑油やワックスに含まれる、各種炭化水素群の組成を分析できます。これは品質を判断する上でも重要です。

潤滑油の主な品質管理パラメーターとして、添加剤(カルシウム、銅、マグネシウム、リン、硫黄、亜鉛をはじめとする金属など)の濃度、磨耗によって生じる金属(ケイ素、ホウ素、カリウム、バナジウム、鉛など)の濃度があります。ASTMに基づく現代的なサンプル調合法(マイクロ波酸分解など)で金属の含有量を調べ、その結果に基づき、次の工程で、ICP-MS、ICP-OESなど、定量下限が低い分析手法を実施します。

手早く分析したいとの要望に応え、アントンパール社は、ASTM準拠の潤滑油試験に特化した自動化システムを提供しています。

摩擦や磨耗の抑制

優れた潤滑油を開発するため、様々な添加剤を基油に混合し、どのような相互作用があるか試すのは、非常に骨の折れる作業です。摩擦学に基づく測定により、接触面や潤滑油、周囲条件を含む、系全体に関する情報が得られます。アントンパール社のトライボメータを使えば、潤滑油の特性を、様々な接触圧力、滑動速度、温度、相対湿度の条件下で測定できます。この測定結果をもとに、潤滑油の配合を目的に応じて調整していきます。

発泡耐性

潤滑油は、発泡体の形成を抑えることも重要です。安定した泡が生じると油の表面積が増え、小さな気泡に触れて酸化が進みます。また、こぼれて油が損失するほか、金属と金属が接触しないよう保護する効果が損なわれることにもなります。消泡作用のある添加剤の種類や量を慎重に選んで、発泡耐性と消泡特性をほどよく与える必要があります。こういった特性は、アントンパール社の泡立ち試験器を使えば迅速に判定できます。

ワックスの分析

アントンパール社の密度計や粘度計を使えば、ワックスやグリースのような重いサンプルでも、簡単に安定性を判定できます。屈折計を使うと、原料や中間生成物、最終製品(ワセリン、ワックスなど)を正しく識別し、濃度を測定できます。さらに、熱光学効果に基づく屈折計もあります。ワックスの溶融や結晶化反応、結晶転移の違いを分析できます。例えばポリエチレンワックス(PEワックス)の安定性、言い替えれば耐久性は、アントンパール社の酸化安定試験器で確認できます。基本的な特性である「安定性」は、自動表面検出機能を備えた最新の透過度計で測定可能です。