推奨される結果

X線源

X線源

フラックスの高いX線源

X線源はあらゆるX線分析装置で重要な要素です。材料科学や生命科学の様々な分野での構造解析には、X線源によるX線照射が必要です。

このためX線源には、高い熱安定性でX線ビームの位置安定性を高め、低電力で高い強度を提供できることが求められます。さらに、高度なX線装置とも容易に統合可能で、操作しやすいことが求められます。これにより稼働率を高め、X線照射に対する作業者と装置の安全性を最大限に高める必要があります。

アントンパール社のX線源は、以上の要件を全て満たすコンパクトで堅牢なソリューションです。

お問い合わせ

Anton Paar 製品

あなたの選択: 絞り込みをリセット X
試験分析規格
機器タイプ
産業分野
Showing to of

見つかりません!

Primux 100 micro

Showing to of

5つの理由

低電力で高輝度なX線ビームを出力

アントンパール社のマイクロフォーカス密閉管X線源Primux 100 microは、新世代のX線管と高性能な高電圧発生器を組み合わせることで、最大50ワットの電力範囲で非常に高輝度なX線ビームを出力します。

独自の水冷ジャケットによる高い熱安定性

X線ビームは、アントンパール社の独自デザインにより揺らぎのない強度を実現しています。その結果、X線ビームに優れた位置安定性がもたらされ、X線管の寿命の延長につながります。

X線装置との簡単なインテグレーション

アントンパール社のX線源を使用すれば、これまでのようにサードパーティ製品とのインテグレーションに時間をかける必要はありません。X線管の交換も簡単なため、分析装置のダウンタイムを最小限に抑えることができます。

優れたデザイン - X線管と光学系の間の距離を最小化

X線光学系をX線管の中心にできる限り近付けることで、最大限の強度を実現しています。これにより強度損失のない高輝度な出力が得られます。出力上昇とシャットダウンプロセスの自動化により、メンテナンス不要でスムーズなX線源の運用が可能になると共に、X線分析装置の稼働率が高まります。

複数の安全回路によりユーザーと装置を安全性を追求

X線源は、X線分析装置での使用における全ての規制に準拠し、運転中のX線照射の放出が防止されています。X線管の温度を監視するサーモスイッチなどの様々な内蔵の安全装置により、ユーザーに最大限の安全性を提供でき、装置の寿命も延長されます。