推奨される結果

石油の各種特性

石油の各種特性

石油製品試験における優れた専門知識

アントンパール社は、燃料、潤滑油、グリース、ビチューメンにおける各種の石油特性を分析するために、定評ある使いやすいソリューションを幅広く提供しています。残留実在ガム、潤滑油の泡立ち特性、各種オイルの水分離性の分析が可能です。アントンパール社の装置は、多くの場合、バイオ燃料製品の測定にも使用できます。

お問い合わせ

Anton Paar 製品

あなたの選択: 絞り込みをリセット X
試験分析規格
機器タイプ
産業分野
Showing to of

5つの理由

燃料における実在ガム試験

実在ガムとは、航空燃料、自動車用ガソリン、その他の揮発性留出物に含まれ、空気または蒸気の流れによって蒸発しない残留分です。石油の各種特性を測定するその他のソリューションと同様に、アントンパール社の実在ガム試験機は最大限の安全性を確保するように設計されています。システム独自の多機能ヘッドが、やけどや怪我の危険性を軽減します。ガム試験機は、ASTM D381、ISO 6246、EN 6246、JIS K 2261、DIN 51784、FTM 791-3302、IP 131、IP 540の各種規格に準拠しています。

時間を節約する利便性

この実在ガム試験機が備えている独自の多機能ヘッドは、全てのジェットチューブを安全かつ同時に位置合わせできるように特別に設計されています。これにより、各作業時間が10分ほど短縮されます。全ての円錐形ジェットを1回で上下させることができます。円錐ジェットの同時位置合わせにより測定を迅速に開始できるだけでなく、誘導式の位置合わせにより不正確な組立を防止できます。

ユーザーを守る優れた安全性

危険性を伴う他の装置の設定とは異なり、アントンパール社のガム試験機は、最高レベルの安全性を備えています。独自の多機能ヘッド設計により、加熱した装置の組立や高温部品の手作業での操作が不要になっています。様々な安全性機能がユーザーを守っています。

オイルの泡立ち特性試験

アントンパール社の泡立ち試験機を使えば、高速ギヤリング及び大容量ポンプシステムなどで使われる潤滑油を対象に、特定の温度での泡立ち特性と泡安定性を測定できます。各種のアクセサリーを備えた二槽構成により、ASTM D6082シーケンスIVとASTM D892、ISO 6247、JIS K 2518、IP 146メソッドに準拠した高温テストを実施できます。

エマルションの安定度測定

アントンパール社の抗乳化試験器DH 5は、水と油からなるエマルションを対象に、石油系オイルや合成液体の離水度を測定する装置です。ハーシェル抗乳化試験器には、標準メソッドASTM D1401とISO 6614に完全に準拠する全てのコンポーネントが搭載されています。