固体密度計

固体密度計

あらゆる固体密度測定に完全なソリューション

アントンパール社の固体密度計は、検証済みのソリューションです。タップ密度計AutoTap及びDual AutoTapは、かさ密度の測定に関する様々な国際規格に準拠しています。Ultrapycの自動ガスピクノメータは、操作が非常に簡単で、固体の骨格密度や真密度を超高精度で測定できます。マイクロロータリー縮分器を使用することで、ラボに届いた比較的大量のサンプルから、粒径、水銀圧入、ガス吸着を測定する場合に一般的に使用される代表サンプリングを行うことができます。 

問い合わせる

Anton Paar 製品

選択項目: 全てのフィルターをリセットする X
対応する標準規格
デバイスタイプ
産業分野
表示 /

5つの理由

簡単な操作

シンプルなAutotap、直観的なグラフィカルインターフェースを備えたUltrapycがあれば、材料の固体密度測定の技術を簡単にマスターできます。タップ密度計Autotapはタップ密度を極めて簡単に行うことができます。Ultrapycシリーズは直感的なユーザーインターフェースを備えているため、ガスピクノメトリーによる密度測定法を容易に習得できます。大型の明るいタッチスクリーンから、素早いメニュー移動、設定の調整、測定の開始、一時停止、終了などの様々な操作が可能です。また、操作用のコンピュータを用意する必要がないため、作業台のスペースを節約できます。 

正確かつ高精度

全てのAutotap装置にクラスAのメスシリンダーが採用されているため、高精度のタップ密度解析結果が得られます。また、これらの装置は、製造時に設定された特定の落下高さと正確なタッピング頻度をもとに、一定の結果を提供します。Ultrapycガスピクノメータに採用されているTruPycテクノロジーにより、提供されるサンプルセルはすべて、サンプルの測定可能範囲の上限にて測定され、正確な真密度の分析結果を得られます。UltrapycのTruLock密閉システムは、究極の精度と再現性を実現します。

国際的に認められた多くの測定方法に適合

固体密度測定は、様々な産業分野の研究、開発、品質管理の取り組みに使用されています。これらの技術の一つを国際的に認められた試験方法として用いられています。実際、固体密度測定について記述された標準試験法の多くは、これらの装置を中心にして作成されたものです。こうした試験法は今日あらゆる業界で採用されています。現在の装置は、ASTM、ISO、UOP、USP、MPIF、JISなど多くの測定方法に適合するように設計されています。

粉体の代表サンプル

ガス吸着による粒径、比表面積、細孔径の測定、水銀圧入やその他の同様の測定方法で行われる粒径測定では、粉体サンプルを、均一かつ可能な限り少量に分割する必要があります。アントンパール社は、このためのマイクロロータリー縮分器を提供しています。この使いやすい装置は、120 cm³という大量のサンプルを均等に8分割し、再現性の高い結果をもたらし、有効なデータ分析を実現します。

シングルステーションとマルチステーション

アントンパール社は、様々な形態のタップ密度用装置とガスピクノメータ装置をご用意しています。お客様のラボのサンプル処理量に応じて、装置1台、または複数台の構成を選択していただけます。期限が決まっていない測定で1ステーションで柔軟に対応したい場合にも我々は対応いたします。定期的に多数のサンプル測定が必要であり、できる限りステーションの台数を増やして測定したいラボにも対応可能です。 

ウェビナー

製品、アプリケーション、科学的なトピックに関するライブのウェブセミナーや記録を提供しています。

ウェブセミナー概要を見る