半固体・固体密度計

半固体・固体密度計

粉末、固体、半固体の密度測定に最適なソリューション

アントンパールの固体密度計は、試行錯誤の末に完成した製品です。AutotapとDual Autotapは、かさ密度測定に関するさまざまな国際規格に準拠したタップ式密度分析計です。Ultrapyc自動ガスピクノメーターは、非常に使いやすい装置で、固体材料の骨格密度や真密度を超高精度に測定することができます。マイクロロータリー縮分器では、粒子径測定、水銀圧入、ガス吸着などの実験に使用する代表サンプルを、ラボに届く大量のサンプルの中から採取することができます。 

問い合わせる

Anton Paar プロダクト

選択項目: 全てのフィルターをリセットする X
対応する標準規格
デバイスタイプ
産業分野
表示 /

5つの理由

使いやすい

シンプルなAutotapや直感的なグラフィカルインターフェースを備えたUltrapycを使用すれば、固体材料の密度測定を簡単に行うことができます。Autotapを使ったタップ密度分析は非常に簡単であり、またUltrapycシリーズの直感的なユーザーインターフェースを使えば、ガスピクノメトリー密度測定法を簡単に行うことができます。大型で明るいタッチスクリーンでは、直接かつ迅速にメニューを移動でき、設定の変更、測定の開始、一時停止、停止が可能です。操作に必要なコンピューターがないため、ベンチスペースをとりません。 

正確かつ精密

すべてのAutotap装置には、高精度のタッピング密度結果を得るための基本であるClass Aメスシリンダーが装備されています。これらの装置では製造時に設定された特定の落下高さと正確なタッピング頻度により、一貫した結果を得ることができます。Ultrapycガスピクノメーターに採用されているTruPycテクノロジーは、どのサンプルセルでも幅広いサンプル範囲において正確な真密度結果を保証します。また、Ultrapycの蓋の開閉システムであるTruLockは、究極の精度と繰り返し性を可能にします。

国際的に認められた多くの試験法に適合

固体密度測定は、国際的に認められた試験法を用いて、さまざまな産業分野の研究、開発、品質管理に使用されています。事実、今日産業界で使用されている固体密度測定に関する標準試験法の多くは、実際にこうした密度計を中心に開発されたものです。現在の密度計は、ASTM、ISO、UOP、USP、MPIF、JISなど多くの試験法への適合を保証する設計になっています。

粉体の代表サンプリング

ガス吸着による粒子径、比表面積、細孔径の測定、水銀圧入や同様の測定方法で行われる細孔径測定では、粉体サンプルを、均一かつ可能な限り少量に分割する必要があります。アントンパールは、このためのマイクロロータリー縮分器を提供しています。この使いやすい装置は、120 cm³という大量のサンプルを均等に8分割し、再現性の高い結果と有効なデータ解析を実現します。

シングルステーションとマルチステーション

アントンパールのタップ式密度計とガスピクノメーターは、お客様が求めるサンプル処理能力に合わせて、シングル分析ステーションまたはマルチ分析ステーションのバージョンをご用意しています。定期的な測定を必要とせず、シングルステーションの柔軟性を重視したいラボにも、定期的に大量のサンプルを測定する必要があり、できる限りステーションの数を増やして測定したいラボにも、どちらにも対応することができます。 

ウェブセミナー

製品、アプリケーション、科学的なトピックに関するライブのウェブセミナーや記録を提供しています。

ウェブセミナー概要を見る