ジェネレーション Mはモジュール型システムのため、HazeQC MEも密度計やサンプルチェンジャと組み合わせることができます。このパッケージは、PQP(医薬品向け適格パッケージ)にも利用可能です。

濁度測定モジュール:HazeQC ME

液体の濁度の測定ソリューションであるHazeQC ME濁度測定モジュールは、アントンパール社の新しいモジュール型測定システムの一部として提供されることになりました。濁度の値に対する粒子径の影響を除外するために、実証済みのレシオ法と、3つの角度(0°の透過、25°と90°の散乱光)を使用します。測定は、一定温度に調整可能なセルで、波長650 nm±30 nm(MEBAKとEBCに準拠)で実行されます。この濁度測定モジュールはアントンパールの製品ラインを拡大し、液体サンプルの分析にさらに重要なパラメーターを追加することで、アントンパール製品の品質に関するお客様の高い期待にお応えします。

Get in touch ドキュメントの検索

主な機能

正確でトレース可能な濁度の測定

  • 散乱光測定方式(3方向。透過光0°、25°、90°)。波長650nm。MEBAKとEBCに準拠
  • 粒子径の影響なし。3信号方式によるレシオ法が粒子径が濁度に与える影響をなくすことを実現
  • 温度調節機能搭載。ペルチェ素子温調システムで0.01°Cの高精度温度制御

最大7種類のパラメーターの組み合わせが可能

  • PBA-Bと組み合わせた場合、1回の測定サイクルで最大7つのパラメーター(密度、アルコール度数、ビールの色、pH、CO2、O2、濁度)を測定可能
  • 多彩な組み合わせが可能。密度計DMA ジェネレーションM、アルコール分析計アルコライザー(ビール・スピリッツなど)やサンプルチェンジャとの組み合わせでより便利に。
  • 脱ガスが不要。PFD加圧式充填装置はキャップや王冠などを加圧状態で打ち抜くため、瓶・缶などからの直接測定が可能。

技術仕様

測定範囲
濁度0~100 EBC (0~400 NTU)
温度0~40 °C (15 °C未満にする場合は外部冷却装置が必要)
繰り返し精度、標準偏差
濁度0.02 EBC (0.08 NTU)
温度0.01 °C
追加情報
測定原理3つの角度(0°、25°、90°)の散乱光と吸光度を測定、干渉を低減するレシオ法
波長650 nm
最少サンプル量約3 mL
サンプル当りの測定時間3~4分(充填時間を含む)
インターフェース2 x RS-232
接液部材質EPDM、FEP、ガラス、PEEK、PTFE、PU、ステンレス鋼、タイゴン
寸法
(長さx幅x高さ)
380 mm x 160 mm x 190 mm
重量5.3 kg
外部サーモスタット(オプション)流量:0.4~0.7 L/min
最大圧力:0.5 bar
冷却媒体の温度:15~25 °C

対応する標準規格

A

ASBC Beer-10:色度

P

Ph.Eur. 2.2.1 - 濁度

アントンパール社の認定サービス

アントンパール社のサービス/サポート品質:
  • 世界中で350人を超えるメーカー認定専門技術者
  • お客様の地域の言語による確かなサポート
  • 稼動期間全体にわたりお客様の投資を保護
さらに詳しく

書類