推奨される結果

レオメータ | DMA: MCR 702 MultiDrive

動的粘弾性測定のための世界で最も汎用性の高いプラットフォーム

MCR 702 マルチドライブは汎用性に優れたパワフルなプラットフォームで、硬質、軟質、液体のサンプルの動的粘弾性測定に適しています。独自のコンセプトにより、曲げ、伸張、圧縮、ねじりの動的粘弾性測定だけでなく、熱機械分析(TMA)、標準から非常に高度なレオロジー測定を、1台の装置で行うことができます。モジュール設計のシステムのため、様々な温度制御システムとアプリケーション固有のアクセサリーや測定システムを組み込むことが可能で、非常に幅広いアプリケーションのあらゆる要件に対応できます。

お問い合わせ 書類検索

特長

アプリケーションに応じて選べる2つのドライブユニット

アプリケーションに応じて選べる2つのドライブユニット

エアベアリングで支持された上部の回転ドライブと、下部のリニアドライブの組み合わせにより、線形ドライブでは線形動的粘弾性測定を、回転ドライブではねじり動的粘弾性測定を行えます。アプリケーションに最適な測定モードをお選びください。このコンセプトでは、最新のリニアモータテクノロジーと、評価の高いMCRレオメータのECモータ技術を採用しているので、振幅が極めて小さくても精度の高い測定を行えます。

最大影響因子を完全にコントロール - 温度

最大影響因子を完全にコントロール - 温度

CFDに最適化された革新的な設計と、動的粘弾性測定システムの選択により、サンプル内部のごくわずかな温度勾配も検出します。これは、結果に高い精度と信頼性が求められる場合に必要となります。各測定システムには温度センサが内蔵されており、固定されたサンプルの近くに配置されています。そのため、実際のサンプル温度に直接対応する温度測定値が得られ、温度センサを手動で位置決めしなくても温度範囲全域の測定再現性を高めることができます。

対流式温度制御システムの設計は、サンプル温度を正確に制御するために必要な均一な温度分布を実現できるよう最適化されています。また、ガス流量が少なくて済むため、ガスの対流やサンプルの乾燥などによる測定結果への影響が最小限に抑えられます。また、温度だけでなくサンプルの相対湿度も制御可能です。この高精度な温度制御システムを利用すれば、あらゆる種類の試験で確実に正確な結果が得られます。

レオロジー向けの豊富なMCRアクセサリーを活用

レオロジー向けの豊富なMCRアクセサリーを活用

従来の動的粘弾性測定に加え、レオロジー測定は固体の変形挙動や液体の流動特性の評価も可能です。多様なサンプルを測定するには、それぞれに対応した測定システムやアクセサリー、温度制御システムが必要です。MCR 702 マルチドライブのリニアモータユニットを取り外すと、測定治具、温度制御システム、および/またはアントンパール社のMCRシリーズのアプリケーション固有のアクセサリーを装着して、サンプルに対する標準的及び高度なレオロジー分析を実施できます。

便利なセットアップと優れた操作性

便利なセットアップと優れた操作性

温度制御システムと測定治具は全て、すばやく容易に取り付けと交換を行えます。どのシステムを使用した場合でも、MCR 702 マルチドライブは新しい設定に適合します。また、ねじ止め不要のクイックコネクト機能により片手ですばやく測定システムを交換できます。特許技術のツールマスター(Toolmaster™)機能は、接続されたシステムや測定治具を自動的に認識し、構成します。また、内蔵の温度センサや、最適なアライメントを完全に自動設定する機能(ZeroGapとZeroAngle)を使用することで、測定システムや温度センサを手動で調整しなくても正確な測定を行えます。

全ての要求に応えるソフトウェア - 多機能でユーザーフレンドリー

全ての要求に応えるソフトウェア - 多機能でユーザーフレンドリー

直観的な使いやすさを備えたRheoCompass™ソフトウェアには、必要な定義済みまたはカスタマイズ済みの測定テンプレートの検索、測定や解析定義のカスタマイズ、データのエクスポート、レポート作成など様々な機能が標準搭載されています。また、定義済みではあるものの、個々に設定可能な測定条件を幅広くご利用いただけます。ガラス転移温度の特定や、温度時間換算則などがその一例です。また、Microsoft SQL 2012データベースを使用しているため、データの管理や取得、生成も簡単に行えます。測定年月日、バッチ番号、オペレーターなどを指定してフィルタリングすると、目的のデータが数秒で表示されます。

技術仕様

単位 技術仕様
伸長、曲げ、圧縮によるDMA用リニアドライブ
最大引張力 N 40
最小引張力 N 0.0005
最大変位 µm 9400 [1]
最小変位 µm 0.01
最大周波数 Hz 100
最小周波数 Hz 0.001
最高温度 °C 600 [2]
最低温度 °C -160 [3]
最大昇温速度 K/min 35 [2]
最大冷却速度 K/min 30 [3]
ねじれ及びレオロジーによるDMA用回転ドライブ
最大トルク mNm 230
最小トルク(回転) nNm 1
最小トルク(振動) nNm 0.5
偏向角(設定値) μrad 0.05~∞
最小角速度 [4] rad/s 10-9
最大角速度 rad/s 314
最小角周波数 [5] rad/s 10-7 [6]
最大角周波数 rad/s 628
ノーマルフォース範囲 N 0.005~50
最大温度制御範囲 °C -160~+1000

回転ドライブのみを使用するMCR 702 TwinDriveの主な特長、測定システム、アクセサリー、及び仕様に関する詳細については、以下のトピックを参照してください。MCRシリーズ及びMCR 702 TwinDrive

MCR 702 マルチドライブ
伸長、曲げ、圧縮によるDMA
ねじり変形によるDMA
レオロジー
熱機械分析
Toolmaster™測定システム
Toolmaster™測定セル
測定システムのクイックコネクト機構(ネジなし)
設定温度待機時間自動調整機能(T-ready™)
低温用オプションo
湿度制御オプションに対応o

✔ 付属 | o オプション

1) 振動時の最大変位は ± 4500 μmです。
2) CTD 600 MDRと組み合わせた場合標準的な測定システムは最高350 ℃で使用可能です。ご要望に応じ、最高600 ℃までのテストに対応した測定システムを提供可能です。
3) CTD 600 MDR及び低温オプションを組み合わせた場合
4) 測定間隔とサンプリング時間に応じて、設定値を達成することができます。
5) 測定間隔が1日より長いため10-4 rad/s未満の周波数の設定は現実的ではありません。
6) 理論値(1サイクル当たりの期間=2年)。

アプリケーションレポート

アクセサリー

あなたの選択: 絞り込みをリセット X
産業分野
業種
試験分析規格
Showing to of

同様の製品