推奨される結果

PSAシリーズ

アントンパール社のPSAシリーズには、50年にわたる経験が生かされています。PSAは世界初のレーザー回折式粒子径分布測定装置として1967年に誕生しました。PSA 990、PSA 1090、PSA 1190の3つのモデルは分散液や乾燥粉末の幅広い粒子径分布を測定できるように設計されています。

お問い合わせ 書類検索

特長

幅広い粒子サイズに対応できるマルチレーザー技術

マルチレーザー技術により、幅広いサイズの粒子を測定できます。シングルレーザーのPSA 990は0.2~500 µmの測定範囲をカバーします。PSA 1090及びPSA 1190では、マルチレーザーを搭載した独自の光学設計による回折解析により、さらに広範な粒子径を測定できます。PSA 1090は2つのレーザーで40nmという小さな粒子を測定できます。PSA 1190には最大2.5mmの測定範囲をカバーするための3つ目のレーザーが搭載されています。

液体サンプルも粉末サンプルも同一構成で測定可能

PSAは湿式分散と乾式分散の両モードを完全に一体化した唯一の粒子径分布測定装置です。アクセサリをいくつも扱ったり、手作業で調整する必要がありません。ソフトウェアで1回クリックするだけで湿式分散モードと乾式分散モードを切り替えることができるので、時間を節約し、操作ミスも防ぎます。分散モードを切り替える際に、ハードウェアを交換したり、高感度光学系の再検証や再調整を行う必要はありません。

粉末の粒子径分布を正確に測定

乾燥粉末は粒子が凝集しやすく、正しい測定結果を得るのが難しいことがあります。アントンパール社の特許取得済み(FR2933314)技術、ドライジェット分散(DJD)技術により、粉末粒子を効率的に分散させて正確に測定します。空気圧レギュレーターを搭載した画期的な設計により、サンプル特性に応じてすばやく簡単にエアフローの調整ができます。エアフローによって生まれるせん断力によって凝集した粒子を分離し、個々の単粒子径を測定できます。

装置のライフタイムを通じた精度、再現性、安定性

アントンパール社の粒子径分布測定装置は測定結果のトレーサビリティ、精度、再現性への要求に対応するためにISO·13320に完全に準拠しています。独自設計のレーザーと光学ベンチにより、業界標準が定める偏差1·%未満の再現性を実現します。さらに、ユニークな設計の光学ベンチは全ての光学部品が鋳鉄製のベースプレートに取り付けられています。これにより過酷な環境でも調整不要で使用できます。このため、精度、再現性、安定性が装置のライフタイムを通じて保証されます。

技術仕様

<th/>
PSA 990PSA 1090PSA 1190
測定原理レーザー回折・散乱法
測定範囲(乾式) 0.3~500 μm0.1~500 μm0.1~2500 μm
測定範囲(湿式) 0.2~500 μm0.04~500 μm0.04~2500 μm
乾式分散ベンチュリベンチュリベンチュリ/自由落下
湿式分散ぺリスタリックポンプ2個/超音波振動子/スターラー
繰返し精度1 %未満
精度3 %未満
測定時間≦1分
レーザー数123
レーザー安全区分21 CFR-1040/NF EN 60825-1/A2
カバー閉鎖NF EN 60825-1/A2 クラスI
カバー開放NF EN 60825-1/A2 クラスIII
準拠規格ISO 13320、21 CFR Part 11、USP 429、CE
寸法(長さ x 奥行 x 高さ)890 mm x 530 mm x 430 mm
重量48~63 kg

アクセサリー

あなたの選択: 絞り込みをリセット X
産業分野
業種
試験分析規格
Showing to of