これは必須入力項目です。
Invalid
製品番号

温度制御:
TruGap™搭載ペルチェ素子温調システム

実際の測定ギャップをいつでも適確に制御

オンライン限定価格 | 税抜税込 0消費税
価格
はお問い合わせください
ご購入情報
アントンパールの機器をオンラインで購入
製品番号:
オンラインの販売状況をチェック 見積を受け取る この製品をオンラインで購入
納期: %1$s~%2$s営業日 %1$s~%2$s週間 %1$s~%2$sか月

粘弾性測定においては、測定ギャップの精度は重要な要因です。サンプルが加熱または冷却されると、熱膨張や収縮によってギャップは変化します。TruGap™機能が統合されたペルチェ温度制御システムでは、実際の測定ギャップを自動的に測定して制御します。適切な温度に達した時及び測定を開始できる時を知らせてくれるT-Ready™機能と組み合わせて使用することで、大きなエラーの原因を排除し、サンプル前処理中の時間を短縮する最適なシステムを構築することができます。

主な機能

エラーのない測定には正確なギャップ設定が不可欠

エラーのない測定には正確なギャップ設定が不可欠

パラレルプレート及び特にコーンプレート測定システムによる粘弾性測定で高い信頼性を実現するためには、ギャップ設定の正確性が不可欠です。粘弾性測定中にも温度は変化するため、測定システムの熱膨張や熱収縮によってギャップサイズは増減します。MCRレオメータ用の独自のTruGap™機能により、サンプルの前処理中及び測定中の実際のギャップサイズを正確にモニタリングして制御することが可能になります。この結果、ギャップの変化による測定エラーがなくなり、正確で信頼性の高い測定結果を得られます。

時間の節約を実現するリアルタイムのギャップ測定

時間の節約を実現するリアルタイムのギャップ測定

TruGap™機能は磁気誘導法を採用しているため、温度の影響を受けません。測定システムの最小長さが認識されると、ギャップサイズは望ましい一定の値にただちに調整されます。ギャップ測定は、粘弾性結果に悪影響を及ぼすことなくあらゆる種類のサンプル(磁性サンプル除く)に対応します。TruGap™は、コーンプレート及びパラレルプレート測定システム用のペルチェベースの温度システムと組み合わせることで、幅広い温度範囲で機能します(-40~200 °C)。システムは出荷前に校正され、すぐに動作できるように準備されます。

TruGapとT-Readyが生産性へのカギとなる

TruGapとT-Readyが生産性へのカギとなる

パラレルプレート及びコーンプレート測定システムを使用する場合、通常、測定前に望ましい温度にゼロギャップを設定する必要があります。TruGap™はどのような温度でもゼロギャップを自動的に設定するため、この時間のかかる手順が不要になります。また、T-Ready™ 機能は、望ましい測定温度に達した時(温度平衡)を自動的に検出して即時に信号を送ります。このように、サンプルが温度平衡に達する粘弾性測定は自動的に開始されるため、望ましくない待機時間を短縮しつつ日々の作業におけるサンプルスループットを増大します。

アントンパール認定サービス

サービスとサポートにおけるアントンパールの品質:
  • 世界各地に350名以上のメーカー認定の技術者がいます。
  • お客様の言語でサポート
  • ライフサイクル全体にわたる資産の保護
  • 3年保証
さらに詳しく

互換装置

関連製品