酸化安定度試験装置:OBA 1

OBA 1は、酸化促進条件下における酸化安定度(誘導期間)と粘性物質(残滓)形成を測定する半自動式の試験装置です。
OBA 1はガソリン及び航空燃料の酸化安定度アプリケーションに適しています。

Get in touch ドキュメントの検索

主な機能

メリット

  • プログラム可能なデジタル圧力計PA 5-OBA
  • 圧力認定を受けた酸化容器
  • 4つの試験位置の同時試験
  • データ処理用のPCソフトウェア

優れた操作性

  • PA 5-OBAは、デジタルディスプレイと圧力接続部を備えたプログラム可能な圧力計です。試験を自動的に開始する前に、誘導期間を自動的に決定し酸化容器の漏れ安定性をチェックします。
  • データは、USBインターフェースを介して圧力計からPCに転送できます(ケーブルが付属)。
  • 付属のPCソフトウェアPetroNet Standardを使用すると、画面上で数値データ及びグラフィカルデータを監視できます。
  • PT1000温度センサーによる温度の容易な読み取り(オプション)及び現在使用中のメソッドに従う誘導期間修正

ユーザーによる柔軟なカスタマイズ

  • 液体槽または乾燥加熱槽を提供
  • 圧力計PA 5のプログラム可能パラメーターに完全にアクセスできるよう、PetroNet StandardソフトウェアのPA 5 Professionalモジュールをロック解除するドングル
  • PA 5圧力計用の圧力校正器(オプション)
  • 乾燥加熱槽校正セット(オプション)
  • メーカーの校正認定書または公的な(DKD)校正認定書付きの認定済み圧力計(オプション)
  • 圧力容器の開閉手順を容易化するツールセット(オプション)
  • 試験容器用の支持棚(オプション)

技術仕様

適用範囲 最高200 °C (OBA 1)
最高120 °C (OBA 1/T)
テンパリング 液体槽、45 L (OBA 1)
乾燥加熱槽(OBA 1/T)
同時処理サンプル数 4
圧力範囲測定 0~14 barまたは1400 kPaまたは203 psi
表示解像度 1 mbar / 0.1 °C
内部メモリ 57,000データセット
酸化容器 ステンレス鋼、40 barで認証済み、
100 °C時の静圧
インターフェース USB
電源 115 V、50/60 Hz、1000 Wまたは230 V、50/60 Hz、2000 W (OBA 1)
115 V、50/60 Hz、900 Wまたは230 V、50/60 Hz、2300 W (OBA 1/T)
寸法(幅 x 奥行 x 高さ) 430 mm x 430 mm x 900 mm (OBA 1)
900 mm x 600 mm x 900 mm (OBA 1/T)
重量 31 kg (OBA 1)
66 kg (OBA 1/T)
分解能 0.1 kPa

対応する標準規格

A

ASTM D525
ASTM D873

F

FTM 791-3352
FTM 791-3354

I

ISO 7536
IP 40
IP 138

J

JIS K 2276
JIS K 2287

アントンパール社の認定サービス

アントンパール社のサービス/サポート品質:
  • 世界中で350人を超えるメーカー認定専門技術者
  • お客様の地域の言語による確かなサポート
  • 稼動期間全体にわたりお客様の投資を保護
さらに詳しく