マイクロスクラッチテスタ(MST³)

ユーザーの様々な要求を満たすワイドレンジ試験機

マイクロスクラッチテスタは標準膜厚5 μm以下の薄膜やコーティングの実用的な密着性を 評価するために幅広く使われています。MSTは、有機系及び無機系の軟質及び硬質のコーティングの分析にも利用できる、一般的な装置でもあります。

Get in touch ドキュメントの検索

主な機能

パノラマモード: 全てのセンサを同期して、コーティングの密着性とスクラッチ抵抗を簡単・迅速に分析

アントンパール社は、米国特許8261600及びEP(ヨーロッパ特許)2065695を取得しています。パノラマモードは、スクラッチソフトウェアの最も重要な機能です。スクラッチ後、アコースティックエミッション、深さ、ノーマルフォース、摩擦力などの全自動同期センサを使用して、フルパノラマを記録することができます。パノラマを記録すると、スクラッチを随時再測定できます。

特許取得済みのプレスキャン・マルチポストスキャンモードによる粘弾性材料の特性評価

変位センサ(Dz)が、スクラッチ前/スクラッチ中/スクラッチ後のサンプルの表面形状をモニタリングします。したがって、スクラッチ中・スクラッチ後に圧子の押し込み深さを評価することができます。時間によるマルチポストスキャンでは、時間の経過に伴うポリマーの粘弾性を測定できます。

曲面や凹凸のある面上での測定

独自の荷重センサ制御によってマイクロスクラッチシステムはこの表面偏差を検出し、荷重フィードバックによってこの偏差を補正します。マイクロスクラッチシステムは、均一ではない凹凸のある面でも信頼性のある測定を行えます。

複数のテストモードによる、数々のスクラッチ試験機能

  • 連続的、一定、増分的な荷重付加
  • マルチ摩耗試験用単一パスまたは複数パス(マルチパス)
  • インデンタホルダの圧子は迅速・簡単に交換可能
  • 圧子は、球形、ベルコビッチ、ビッカース、ヌープ、ナイフなど様々な種類をご用意

「フォローフォーカス(Follow Focus)」による高品質な光学画像処理

内蔵の顕微鏡は、高品質な対物レンズを搭載したタレットとUSBビデオカメラで構成されます。「フォローフォーカス(Follow Focus)」機能を使用することで、複数スクラッチ用のZ軸テーブルで適切な位置に自動フォーカスします。

代表的なアプリケーション

  • 自動車用バンパー塗料の密着性
  • 自動車用ワニスクリアコーティング
  • コーティング表面の物理的特性評価
  • 硬質膜(PVD、CVD膜): 厚さの範囲1~20ミクロン
  • 溶射/プラズマ溶射コーティング

技術仕様

押し込み深さ
高精度レンジ 広域レンジ
最大深さ[μm] 100 1000
深さ分解能[nm] 0.05 0.5
ノイズフロア[rms] [nm]*1.5

     

 

垂直荷重
高精度レンジ広域レンジ
最大荷重[N] 1030
荷重分解能[mN] 0.010.03
ノイズフロア[rms] [μN]* 100
摩擦力
高精度レンジ広域レンジ
最大摩擦力[N]1030
摩擦力分解能[N]0.010.03

*ノイズフロアの値は、理想的な実験室条件において除振台を使用することを想定したものです。

アントンパール社の認定サービス

アントンパール社のサービス/サポート品質:
  • 世界中で350人を超えるメーカー認定専門技術者
  • お客様の地域の言語による確かなサポート
  • 稼動期間全体にわたりお客様の投資を保護
さらに詳しく

書類

関連製品