推奨される結果

ボールミルBM500

日常用途にも研究用途にもオールラウンドに対応する粉砕・均質化装置

BM500は柔らかい繊維質の材料から硬くてもろい材料まで、様々なサンプルの粉砕及び均質化を目的とする、汎用性の高いラボ向けボールミルです。簡素化された操作原理により、乾式、湿式、さらには極低温式の粉砕プロセスを迅速に処理できます。
BM500は様々なアプリケーションに適合するオールラウンドな粉砕機として、日常のアプリケーションや研究のアプリケーションに自在に対応します。材料や前処理の設定に応じて、最終粒度約1 µmが達成可能です。

お問い合わせ 書類検索

特長

1つのノブの操作で全ての設定を実行

1つのノブの操作で全ての設定を実行

ロータリープッシュボタンを操作するだけで、粉砕と均質化を適切に実施するためのプロセスパラメーターを全て設定できます。
簡単かつ直観的な操作を可能にする設計のため、すぐに操作を習得しエラーを最小限に抑えることができます。これにより日常のルーチン作業にメリットをもたらします。

ミルのステータスは3つのステータスLEDに常時表示されます。

高速処理 - 均質化と混合を数秒以内で

高速処理 - 均質化と混合を数秒以内で

BM500の先進的な構造と強力なブラシレスDCモーターにより迅速で再現性の高い結果を得ることができます。

サンプルの材料と最終粒度の要件に応じて粉砕時間は5秒から99分まで選択できます。

同時モードのメリット

同時モードのメリット

BM500には同時モードがあり、2種類の個別のサブサンプルをまったく同じ方法で処理することができます。これにより様々なメリットが得られます。例えば、大量のサンプルを一度に粉砕する、またはサンプルバッチ1回分をバックアップ及びコントロールサンプルとして残すなどの処理が可能になります。
BM500で処理できる最大のカップ容量は2 x 50 mLです。

サンプルを均質化するカギ - 汎用性の高いアクセサリー

サンプルを均質化するカギ - 汎用性の高いアクセサリー

BM500と豊富なアクセサリーを組み合わせると、ほとんど全てのサンプル材料を以降の分析に必要な細かさまで粉砕することが可能になります。
特に粉体自体を分析する場合、十分に均質化することによって全ての成分が正しく検出されるようになります。

また、サンプルに触れる部分(ジャー及びボール)に適切な材料を採用しているため、サンプルの汚染を防ぐことができます。これは微量金属の測定などの場合に極めて重要な意味があります。

1台の装置で多様なアプリケーションに対応

1台の装置で多様なアプリケーションに対応

BM500は金属や石から食品、生体材料、環境材料まで、広範なサンプルに適したオールラウンドな分散・粉砕装置です。
サンプルの形状は問いません。穀物、ペレット、繊維をはじめ、ウール、草、葉などのかさばるサンプルでも簡単に処理できます。


弾性材料や揮発性成分を含む物質のように取り扱いに注意が必要なサンプルには極低温式のアプリケーションを利用することが可能です。これにより粉砕を可能にしたり、特定成分の分解や逸失を回避したりすることができます。

技術仕様

電源:

230 V ±10 % - 50/60 Hz
115 V ±10 % - 50/60 Hz

定格電力

200 W
振動周波数調整:デジタル、3~30 Hz
(180~1800 min-1)
(0.1 Hz刻み)
時間:5秒~99分、タイマーの「HOLD」機能
1秒刻み(10分未満)、
10秒刻み(10分以上)
最終粒度:

1 µm(最終粒度はサンプル材料及び粉砕の設定によって異なります)

投入サンプルサイズ粒径 ≤ 8mm
ボール ≤ 25 mm(直径)
粉砕カップの最大容量:50 mL x 2
周辺温度:5~40 °C
湿度:相対湿度85 %未満(結露のないこと)
寸法(幅 x 奥行 x 高さ):385 mm x 420 mm x 240 mm
(フードを開いた状態で465 mm)
重量:42 kg