推奨される結果

粉体レオロジー 5: 壁面摩擦及び圧縮性 – シンプルだが強力な粉体パラメーター

粉体レオロジーWebinarシリーズのこの5番目のWebinarでは、印加に依存する3つの粉体パラメーター、壁面摩擦、圧縮性、透過性を中心に説明します。

これらのパラメーターは、MCRレオメータの粉体セルを使用して簡単かつ迅速に測定でき、粉体流、Carr指数といった特性など、多様な粉体特性を取得するときに利用できます。壁面摩擦は、粉体と固体表面の間の摩擦です。このパラメーターは、バルク固体が固体表面を流れるときだけでなく、サイロ、ホッパー、ビン、シュートの設計でも重要です。圧縮性は、圧密応力に基づくかさ密度の挙動を表します。圧密前後のかさ密度の関係は、流動特性を示します。かさ密度及びフローインジケータ(Carr指数、Hausner比)は、実際に使用する場合、加えられた特定の法線応力に基づいて与えられるため、粘弾性測定では従来のタッピング測定よりも正確な情報が得られます。

Webinarの録画をご覧ください!

今すぐアクセスする!

フォームに必要事項を入力して、制限付きコンテンツに自由にアクセスする

読み込み中...

エラー