推奨される結果

粒径とその分布、ゼータ電位、分子量、屈折率を1台で測定

ナノ粒子の包括的な分析は、薬品の配送、腫瘍の撮像、ポリマーやプラスチック、太陽光パネル、食品や飲料、化粧品、日焼け止め剤、陶磁器などの応用に、特に重要です。粒子や素材の挙動を最大限活用するためには、粒径、電荷、重量、サンプル透明度、形状、有孔性、安定性、粒子数などのパラメーターを分析することが不可欠です。このwebinarでは、多くの機能を備えたLitesizer™ 500 を紹介し、粒子の特性解析が、いかに迅速かつ容易になるかを説明します。

このwebinarで、cmPALS技術 (特許取得済み) や、独自のOmegaキュベットを使って、ゼータ電位を測定する方法を学び、迅速で再現性の高い測定に活かしてください。非常に不安定なサンプルでも、サンプル自身や結果に影響を与えることなく測定できることが分かるでしょう。透過率測定により、サンプルの濁度や凝集度に関する情報が得られるほか、測定に適した設定を、装置が自動的に判断するために役立ちます。最後に大事なことですが、webinarでは屈折率に焦点を当てます。溶液中の粒子の動的光散乱 (DLS) や電気泳動光散乱 (ELS) を精度よく測定するためには、非常に重要な指標です。 

言語: 英語
講師: Vinod Radhakrishnan 

Vinod Radhakrishnan博士は、米アントンパール社の素材特性部門に所属する、製品開発の専門技術者です。化学工学の学位を、テキサスA&M大学 (MS) 及びアーバン大学 (Ph.D) から授与されています。

今すぐアクセスする!

フォームに必要事項を入力して、制限付きコンテンツに自由にアクセスする

読み込み中...

エラー