推奨される結果

  • 光学センサ

    生産ラインの見張り番

    光学プロセスセンサが生産ラインに新たな信頼性をもたらします。このセンサは飲料生産現場で最も望まれる機能や最も必要とされる機能を全て兼ね備えます。メンテナンスフリーで省スペースなセンサは衛生面の認証(EHEDG)も取得しています。

光学センサ – 生産ラインの見張り番

飲料生産を常時監視する光学センサとプロセスアナライザー

製造工程において、時間とコストは極めて重要な要素です。そのためこれらの要素に影響を与える全てのパラメーターは、厳しい監視下に置かれ継続的に最適化されます。プロセスを最適化し制御する目的で様々なプロセス機器が用いられます。個々のプロセスセンサは、使用方法に応じて法規制など多数の条件を満たす必要があります。さらに総所有コスト(TCO)をできる限り低く抑えること、全くまたはほとんどメンテナンスが不要であること、測定が高速であること、正確で信頼性のある結果が得られること、衛生的な設計であることなど、ユーザーの多岐にわたる要求にも応える必要があります。光学センサはこれら全ての特性を備え、使いやすく生産パラメーターの直接計測が可能な素晴らしいソリューションを実現しています。

生産ラインに光学センサを組み込むことで新たな信頼性が生まれます。アントンパール社は飲料業界向けプロセス機器の世界的リーダーとして、次世代の光学センサによる測定へと新たな一歩を踏み出しました。最新の光学センサには次のような特長があります。

  • 導入後すぐに測定が可能: 手動調整は不要
  • プロセスの衛生条件を保証: EHEDG設計指針の全要件を満たし、定期洗浄が容易なセンサ
  • 生産品を常時監視: 生産現場で直接インライン測定することで、注意喚起が可能
  • 時間を節約し信頼性を確保: Davis 5ソフトウェアでラボと現場間の接続が可能なため、ラボの基準値との比較が容易
  • お客様のアプリケーションのニーズに適合: 数十年に及ぶプロセスのノウハウをセンサに集約


アントンパール社の光学センサによって、生産物と生産パラメーターの継続的かつ確実な常時監視が可能になります。

 

 

詳しい説明については

ご興味のある製品名をクリックしてください。直接弊社にお問い合わせいただくこともできます。

  • Carbo 520 Optical

    最先端の光学測定原理による明確なメリット

    炭酸濃度は飲料の風味と清涼感を決める重要な要素です。
    そのため飲料の溶存CO2濃度を適切に制御することが非常に重要です。
    減衰全反射法(ATR)と呼ばれる光学測定原理に基づくCarbo 520 Opticalは濁度、色、糖分、その他媒体の含有量に影響されることなくCO2濃度を正確に測定します。 

  • Oxy 510

    インテリジェントなOxy 510インライン酸素センサ

    Oxy 510は蛍光位相シフトと呼ばれる光学測定原理に基づいています。この原理を用いると媒体その他の溶存ガスの影響を受けずに溶存酸素量(DO)を測定できます。

    Oxy 510はToolmaster™とStatemaster機能を搭載しているため、プロセス中の適切な動作が保証されています。センサキャップを交換するだけで、1つのセンサで2つの測定範囲(微量レンジとワイドレンジ)に対応します。

  • L-Rix 510/520

    光学部品をはんだ付けした世界初のインライン屈折計

    L-Rix 510/520は、生産ラインの液体に直接浸すことができます。プロセス温度で屈折率(糖度)を連続表示するため、24時間連続の生産管理が可能です。
    L-Rix 510/520ははんだ付け光学部品を使用することで耐用年数が大幅に延び、信頼性と安全性も向上しています。さらに、コストの削減にも貢献します。ユニットは一切メンテナンスが不要で、100,000時間以上使用できます。アントンパール本社で一度調整を行うだけで、L-Rix 510/520は保存された調整値のまま耐用年数全体を通して動作します。L-Rix 510/520は迷光に影響されないため透明窓を備えた生産ラインでの測定も可能です。

  • Cobrix 5600

    世界的ブランドの飲料品品質を支えるCobrix 5600

    Cobrix 5600は多くの飲料パラメーターに対応する卓越したシステムです。現在そして将来のソフトドリンク、ビール、アルコール飲料の測定が可能です。
    Cobrix 5600システムは%DietまたはTAの測定とCO₂、O₂、°Brix、糖転化、アルコールなどの重要パラメーターの測定において業界最高レベルの正確さと繰返し精度を実現しています。

  • Cobrix 2600

    ソフトドリンクの専門センサ – CO2とBrixを1台のセンサで確認

    CO2と糖(Brix)の組み合わせを1台のセンサでリアルタイムに光学測定できるメリットをもたらします。メンテナンスフリーのCO2及び溶存糖測定のためにCobrix 2600センサに必要なのは、プロセスラインの1つのVARIVENT®N接続のみです。このセンサは、EHEDG認証済み(タイプELクラス1)であり、CIP/SIP直後に測定できるよう設計されています。プロセス分析技術(PAT)の概念に従ったCobrix 2600は、最先端の光学測定原則であるATR (減衰全反射法)を使用して総量パラメーターの代わりに単一のパラメーターを測定し、溶存CO2及び溶存糖を1回で測定します。

  • L-Col 6100

    インライン飲料測定装置向け色度測定用の新しいアクセサリー

    L-Col 6100色度センサは、アントンパール社のインライン飲料測定装置での使用に最適です。このセンサは新規または既存の設備にオプションで組み込むことができ、あらゆる種類の飲料において重要なパラメーター測定機能を拡張します。色度測定はMEBAK®に適合し、濁度補正も含まれています。これにより、ビール、ワイン、ソフトドリンク、蒸留酒、リキュールの生産工程全体を通して色度を監視することが可能になります。