•  

     

  • お客様の古い密度計を弊社が下取りし、新しい密度計をお使いいただけます。

    お客様には、アントンパール社密度計を長い間ご使用いただきました。長年ご使用いただいたDMA密度計を下取りに出し、魅力的な割引価格で新型の密度計を購入していただけるチャンスです。

    ぜひ、新しい密度計を手に入れてください。

新たな気持ちで新たなスタート

前回お客様に密度計をご購入いただいてから、大きな変化がありました。例えば2018年にアントンパール社は革命的な新しい測定原理であるPulsed Excitation Method (PEM)を発表してデジタル密度測定の定義を変革しましたが、この機能はすでにラボ用密度計に組み込まれています。携帯型密度計DMA 35は大幅に改善され、数多くの特許を取得しています。

 

新しい密度計をお選びください。

  • DMA 48またはDMA 4000/4100携帯型密度計を交換されるお客様に、当社では次の方法をお勧めします。

    DMA 1001

    4桁の精度を有し、ASTM D4052、ASTM D5002、薬局方に完全準拠DMA 1001独自の温度測定と同時にワンポイント水調節を行う機能により、素速く測定作業を開始可能シリンジホルダーを使うことで、ユーザーやシリンジタイプ、シリンジの充填量が違う場合でも、その影響をなくすことができるタイムスタンプ、サンプル名、充填のカメラ画像、潜在的な充填警告など、最大で5000件の結果を保存でき、いつでも検証可能さらに詳しく


  • DMA 38またはDMA 500携帯型密度計を交換されるお客様に、当社では次の方法をお勧めします。

    DMA 501 (またはDMA 1001、上記を参照)。

    3桁の精度を有し、製造現場、保管施設、ラボで、素速く品質チェックを行うのに最適です。測定しにくい特性のサンプルでも、DMA 501では安定した結果が得られます。粘度が高い、均質でない、沈降している、粒子が含まれているなど条件の悪いサンプルやエアゾールスプレーも、全て測定できます。さらに詳しく


  • DMA 35携帯型密度計を交換されるお客様に、当社では次の方法をお勧めします。

    DMA 35

    3桁の精度、最高速の充填、粘度の影響を考慮して結果を自動的に補正する機能を備えた、新しい携帯型密度計です。DMA 35は、ジェスチャーコントロール機能、BluetoothとRFIDインターフェースを使用したサンプルとデータの処理機能、測定セルを備え、現場で容易に使用できます。保護等級はIP54であり、左利き、右利きのどちらのユーザーも快適に操作できます。必要ならば、危険な場所での用途向けに、市場で販売されている唯一の本質安全防爆仕様の携帯型密度計シリーズからお選びいただくこともできます。さらに詳しく

ぜひ、新しい密度計を手に入れてください。

密度計下取りフォーム

密度計下取りページ1
*
*
*
*
*
*
*
*
密度計下取りページ1
*
「参加する」を選択すると、契約上の義務の履行の目的でアントンパール社が個人データを使用することに同意したものと見なされます。 詳細については、個人情報保護方針に記載しています。